ボラ池と呼ばれる池と周辺の思いで

松阪市五主海岸のボラ池と呼ばれる池に重機が入ったらしい。
昨年、ソーラパネルが後背地に作られたが、今度は池の中らしい。

私は、この池に大阪から何度も足を運ぶほど惚れていた。

まだ、ソーラパネルのないボラ池とその周辺の一昨年の春の写真です。

タシギとハマシギが仲良くならんで、お食事中
画像


オオジュリンの後ろ姿(笑)
画像


コチドリのダンス?
画像


タカブシギもあまり見なくなった気がする。
画像


エリマキシギは初見でしたが、あっという間に叢の中へ
画像


日焼けしたツルシギ
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年09月26日 07:35
最近あちこちでソーラパネルが作られて、
自然が破壊されているようですね。
野鳥や沿岸に生息する生物に影響がなければ
良いのですが。
日本野鳥の会三重のサイトを見ました。
http://miebird.org/index.php/ja/
2015年09月26日 23:02
この場所にとって、鳥見のメインのひとつと言える場所でした。
シギチまで高低差があるので、安心するのか 堤防の上に座って、カメラを構えていても、あまり野鳥たちも気にせず、本来の姿を見せてくれました。
何より、海岸のシギチとは一味違う種類が集まる貴重な場所でした。
そのため、数より種類数が沢山見れるのがここの特徴でした。
ここがなくなると、かなりの種類の飛来に影響すると思われます。

この記事へのトラックバック