明日香村のチョウゲンボウ、タシギ

去年チョウゲンボウに出会った場所のすぐそばで、今年もチョウゲンボウに逢えました!
見ての通り、住宅のすぐそばです。目の前のアパートからは、たぶん毎日チョウゲンボウの食事風景が観察できます。
画像
画像
画像
画像


明日香村を歩くたび、タシギでもいないかなあと探していました。
そのうち、ここにはいないんだと思い込んでいました。
田んぼはからからの乾田だし、これだけ探していないんだからと。でもまちがいでした。
それは、突然訪れました。車がひっきりなしに通る、コンビニの近くの道路から1メートルほどのところでなにかが動きました。
画像
画像
画像
画像

タシギが意外と小さいことは、写真の刈り取られた稲の跡からもわかると思います。田んぼのシギチは遠くを見てもなかなか見つけられませんね。
そのかわり意外と近くでじっとしているのかもしれません。
これまで、田んぼでタシギが見つけられなかったのにこのところ、立て続けに見れたのは、偶然ではないのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年12月24日 08:33
チョウゲンボウが可愛いですね。
流石に明日香村、自然環境がまだまだ
残っていますね。
2015年12月24日 14:06
明日香村は独特の鳥類相があって、毎年、同じ場所に同じ鳥が帰ってくるというかんじのところが好きですね。
自然環境が豊かなところにいる種類よりも、人が手を加えて綺麗にしているところのほうが好きな野鳥も多いんですね。
ここでは、チョウゲンボウ、キジ、イカル、シメ、ニュウナイスズメ、ケリ、ヒバリ、ノスリというような種類はすごく多いです。
ケラ類やアトリ、ウソ、ミヤマホオジロ、ベニマシコや夏鳥の仲間はほとんど見かけません。
チョウゲンボウは、かわいいですね。
ハヤブサの仲間は、タカの近縁ではなく、インコの仲間とスズメの仲間の間にあたるらしいですが、チョウゲンボウは言われてみればですね。
2015年12月25日 23:41
タシギって、意外と気付けないもんです。
田んぼを歩いて、すぐ近くまで来て、飛ばして気づく事が、多々ありますよ。
2015年12月26日 16:39
目の前にいるのに、飛び立ってはじめて気付いたりしますよね。
見つけるのが難しいぶん、見つけると嬉しいです。
特に思い入れのある明日香村で初めて会えたことはまた格別の喜びです。

この記事へのトラックバック