干潟の蟹と野鳥

三重県まで行けば、もっと沢山の種類に逢えるだろう。
でも、今日は大潮。三重県で遠くの鳥をみるならば、と地元大阪の小さな干潟へ行くことにした。

ここは、本当に蟹が多い。
鳥を撮れば、蟹が撮れる。
コチドリが、芦原をバックに蟹を従えて。
画像


キアシシギの向こうにも、蟹がいっぱい。
画像


蟹をゲット~!
画像


他にもこんな蟹も。
ハクセンシオマネキ
画像
画像


このところ、何だか野鳥や昆虫だけでなく、ほかの被写体を見つけるのが楽しい。
野鳥が撮れなくても、蟹を撮ればいい。
昆虫を撮れなくても、雑草を撮ればいい。
被写体は、探せばいくらでも有るかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2016年08月31日 21:03
ハクセンシオマネキ、子供の頃には沢山
いましたが、まだこんなに生息している
ところがあるんですね。
カブトガニも沢山いました。
こんなサイトを見つけました。
★鳥の誕生 ★蛾と蝶もあります。ぜひ一読を!
http://percipio.fool.jp/koramu/tori.htm
2016年09月01日 01:48
こんばんは。
干潟はいろいろな生き物に出会えて楽しいですね。
私のフィールドでは、ハクセンシオマネキは少なく、潮が引くとチゴガニが大量に見られます。
2016年09月01日 05:51
ツユヒメ様
カブトガニが、沢山いたとは凄いですね。
干潟のベントスが、90年代以降急激に減少したことはあまり知られていませんね。
私はカブトガニを自然で見たことはありません。
サイト見ましたよ。面白いですね。
ツユヒメ様と何となく似てられますね。
私はまだまだ見たい物が沢山あって、観察する暇がないのかもしれません。
2016年09月01日 06:07
サラ&メル様
チゴガニも代表的な種類ですね。
ここは、大阪府に残された、大変貴重な自然干潟です。
貝などはあまりいません。
不思議なことに、90年代から、全国の干潟で貝が急激に減少したようです。
蟹だけは、本当に多いです。
サラ&メル様の住んでいる場所を、時々想像するのですが、未だにつかめませんね。
関東の方なのか、意外と近いのか。
緑が豊かで、公園もあって。
ブログで見る限り、夢のような素晴らしい場所に思えます。
2016年09月01日 06:50
蟹の種類判らないけど、干潟では、小さな蟹が沢山見られますね。
2016年09月01日 13:34
popo様
干潟によっては、様々な蟹がいます。
三重県の方へ行くと、ヘナタリなどの貝の方が目立ちますが、こちらでは、目立つのは、蟹ばかりです。
環境の違いもあるのでしょうがねー。

この記事へのトラックバック