湖西は霧のなか

この前、なんとなく気に入った、湖西へ遠出してみました。
ところが、一日中、霧が晴れませんでした。
こんなこともあるんですね。
でも、この子たちがいてくれて、まあ行って良かったです。
画像

一番、近くに来てくれたのは、この子です。
オオバンやホシハジロばかりの鴨を見ていると、どんどん近くに来る鴨が一羽。
ホシハジロかなあと思いながら、見てビックリ。
たった一羽、近くに来てくれたのがホオジロガモとは!

こちらは、カワアイサとホオジロガモ♂のコラボ。
もし霧がなければ、最高でしょうが、霧があるから、近くに来てくれたのかもしれません。
画像
画像

ホオジロガモ♂は、実は初見。
やっぱりいいですねー。ホオジロガモ。すっかり大好きな鴨になりました。

ほかは、この子たちです。
画像
画像
画像


それにしても、今まで、湖西を敬遠してたのは、午前中、逆光になりそうだから、しかし、この辺りは実は湾が入り込んで、湖岸が北東側になります。
つまり、それほど、逆光を気にすることもないのかもしれません。
湖西を同じように、敬遠している人。
湖北ほど珍しい鳥もいないかもしれませんが、まだまだ何かが潜んでいそうないいところですよ。
あと、このあたりは、ヤドリギが多いのも、チェックですねー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年12月23日 22:32
ホオジロガモ、ちょっと上流で良く見られますが、今季は、まだ探しに行ってません。
カワアイサや、いろんな小鳥が見られる、素晴らしいフィールドですね。
2016年12月24日 07:30
popo様。
そちらでは、最近は毎年、見られる場所があるようですね。
こちらでは、海や琵琶湖で見られるようですが、ここへいけばという場所はありません。
去年まででおおかた小鳥のポピュラー種は見ることが出来ました。
それにたいして、カモ、猛禽、シギチやクイナなどは結構見ていない種類が多いです。
ホオジロガモ♂も初見でした。
ほんとに面白い顔つきで、飽きませんね。
2016年12月27日 16:57
ホオジロガモは見かける機会は少ないですね、三太郎も雌雄それぞれ湖北で1回しか見たことが有りません、
2016年12月28日 06:26
昨年まで、鴨の群れを見ても、スルーしてしまうことが多かったです。
でも、ポピュラーな種類では、鴨のなかまにトモエガモや、アメリカヒドリなど見たことのない種類が残っていますから、いよいよ探すようになりました。
ホオジロガモは、昨年淀川河口で♀は見ていましたが、♂は初めてでした。

この記事へのトラックバック