カミキリムシの季節

今年はなかなか珍しい種類に会えません。
特に昨年、ヨコヤマトラカミキリや、ヒメトラハナムグリ等を初見した、第二フィールドは、今年はよくないようです。

チャボハナカミキリ。第一フィールドにはいない種類ですが、ここのほか、大阪府南部では、比較的よく見ます。
画像


よく似たセスジヒメハナカミキリ。ここではよく見ますが、他では見かけません。
どちらかというと西日本には少なめの種類のようです。
関東では、多摩地方などをはじめ比較的多いですが、近畿では、主に中国山地、紀伊山地、比良山地などを中心とするカミキリムシによくあるパターンの分布を示します。
画像


ツマグロハナカミキリは、広葉樹、針葉樹ともにホストとする、第一、第二フィールドともに、最もよく見かける種類のひとつです。
画像


ミドリカミキリは緑色の美しい種類ですが、葉裏におり、全く色が出ませんでした。
これも、この季節にはいろんな場所でよく見ます。
画像


トゲヒゲトラカミキリもよく見ます。
ただ、一ヶ所に沢山いることはあまりないようです。
材の上よりも、葉っぱの上でよく見ます。
よく似たエグリトラカミキリは、結構、材の上に集まっているのですが。
画像


ヒラタハナムグリや、ホソスジツトガなど。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック