憧れの昆虫たち

引っ越して行きやすくなった和歌山県の山。
去年までなら、兵庫県南部のフィールドで、6月とは様変わりした昆虫を見ていたでしょう。
セミが鳴き始め、クワガタムシやタマムシ、オニベニシタバ。どんな昆虫に会えるか大体わかります。
それに対して、和歌山県の山は想像できません。
兵庫県南部のフィールドとは、あまりにもいる種類が違います。
里山の昆虫というより、原生林の昆虫に近いのでしょうか?

憧れていた昆虫に会えました。オオトラフコガネです。
厳密には、キイオオトラフコガネでしょうか?
ところが、1匹見つけたら、いるわいるわ、次から次に見られます。
この時期に大発生するのですねー。
驚きました。
画像
画像


本来なら今日のメインはこの昆虫でした。
トラフホソバネカミキリです。
ホソバネというとおりの羽根の色合いも素晴らしい。
カミキリムシ好きとしては、一度は出会いたい種類です。 しかし、あっという間に飛んでいき、残されたのは、写りの悪い画像でした。
画像

憧れの昆虫に会えて大満足です。

昆虫学者は、トラが好きなんですね。
ニイジマトラカミキリです。
一番好きなカミキリムシのひとつです。
これで4回目ですが、いつも神出鬼没。
トラカミキリの仲間の良さを凝縮したような種類と思っています。
画像


これは?悩みました。そして、オオマドボタル、クロマドボタルというのは、一筋縄でいかないということを知りました。
オオマドボタルとクロマドボタルは、幼虫に何種類もの変異があり、地域ごとにわかれて分布していること。しかも、それぞれの幼虫の形態から、オオマドボタルとクロマドボタル両方に成長するらしいこと。
この写真の種類は、はたして?
画像


蛾の仲間は相変わらず多かったです。
画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年07月06日 19:54
流石に、和歌山まで行くと、いろんな南方系の
種にも出会えるから、これから楽しみですね。
紀三井寺の近く、和歌浦に3年ほど住んでいま
した。黒潮国体のあった45年も大昔です。

★ヒロオビオオエダシャク です。
http://www.jpmoth.org/Geometridae/Ennominae/Xandrames_dholaria.html

★シラオビアカガネヨトウ と 
マエグロシラオビアカガネヨトウ がいます。
 前翅の縁まで白い模様が届いていれば、
後者ですが 同定するには微妙ですね。
http://outdoor.geocities.jp/nabenight/05tyuu1siro.html

★2016/11/16 の記事です。
http://s2014no64.at.webry.info/201611/article_14.html

★タイワンモンキノメイガ です。
http://www.jpmoth.org/Crambidae/Pyraustinae/Syllepte_taiwanalis.htm
2017年07月07日 07:57
ツユヒメ様
いつもありがとうございます。
沢山蛾がいて、写真を撮るのですが、やはり見栄えのする種類を載せています。
ヨトウガという仲間でしたか。
さっぱりわかりませんでした。
1種類目はケンモンガかなあと思ったのですが、シャクガなんですね。
シャクガというのは、大きいのから、小さいのまで沢山の種類がいますねえ。
引っ越したのは、一昨年の終わりなんですが、去年はこの場所の面白さに気付きませんでした。

この記事へのトラックバック