兵庫県西部の草原の山

フィールドごとの昆虫まとめ3です。
かなり時間がかかるので、なかなか行けませんが、とても気持ちのいい山です。
夏になると、すすきなどに覆われ、所によっては首から下は草の中。
なかなか味わえない経験が出来ます。
特殊な環境ならではの昆虫がいます。

ギンイチモンジセセリは、見られる季節は短いのか、一度の出逢いでしたが、その時期には、決して少なくはないようです。
画像


ムカシヤンマにも逢えました。
画像


ツマグロ、ミドリ以外のヒョウモンチョウの仲間は、今や見られる場所も減りつつあるようです。
こちらはウラギンヒョウモン。
斑文や、線のはいりかたがそれぞれ違います。
このヒョウモンチョウの仲間は、私に蝶の楽しさを教えてくれました。
画像


こちらは、不明昆虫として載せましたが、オオハナノミの仲間で、クチキオオハナノミが似ています。
全国的にそれほど多い昆虫ではないようです。
画像


夏のホソバセセリ
画像


写真はないですが、ウラミスジシジミもここで見ています。
ウラミスジシジミ狙いで、もう一度行きたいフィールドです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック