性分

昆虫というのは、奥が深い。昆虫ブログを見ていると、狭く深く興味を持つ人の観察眼には恐れ入る。野鳥ブログもそうだ。
私はどちらかというと広く浅くのタイプかなあ。
あまりもともと、一つのことを深く掘り下げるのは、得意ではないかもしれない。

私の好きなカミキリムシ。しかしカミキリムシに特化したブログを見るとこれもすごい。
画像
チャイロヒメハナカミキリ。どこにでもいる代表格のカミキリムシ。しかしカミキリムシに興味少ない人には、全く知られていない種類でしょう。私が蛾のどこにでもいる平凡な種類に多分、気付いていないように。
画像
クリサビカミキリか?このあたりのカミキリムシの識別はよくわかりません。まあそれでもいいかと思ってしまうのが、広く浅くの性分なんでしょう。

蛾の仲間は、いまだに種類特定しようとすると、頭が痛くなりそうです。
画像
画像
画像
画像

タイワンキシタアツバ、トガリエダシャク、ウスキオエダシャク。4枚目も見たことはありそうなのですが。

オサムシともなれば、もう無理です。捕まえて観察しないと種類の特定なんかできません。
でもそこまでするなら、もっと他の昆虫を探したいのが性分です。
画像


セイボウにも種類があるそうなんですが。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年05月13日 19:28
★テンクロアツバです。四国産蛾類2段目。
http://homapage64.private.coocan.jp/z42tenkuro.html

★色艶、大きさからマヤサンオサムシと
思われますが、地域でいろいろな亜種がいる
ので、素人では難しいですね。ご参考まで。  
オオオサムシは30mmを越えていました。
http://s2014no64.at.webry.info/201205/article_39.html

★お腹の先「褄」が赤いので、
ツマアカセイボウですね。未見のセイボウです。、
こちらのサイトをご覧ください。
https://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/33301761.html
2018年05月14日 12:53
ツユヒメ様。
いつもありがとうございます。
最近忙しくなかなかコメントものこせませんが、今シーズンもよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック