ピドニア

紀伊半島のブナ林にて、ヒメハナカミキリの仲間が、舞っていました。
非常に小さく、弱々しいカミキリムシですが、種分化が激しく、識別困難な仲間です。
ただし、私が普段行く地域では、フタオビノミハナカミキリ、チャイロヒメハナカミキリ、あとは兵庫県東部にセスジヒメハナカミキリがいるくらいです。
今日は、明らかにそれらとは違う種類もいましたが、種類の同定は出来ません。
画像
画像

上下若干違いますが、同種でしょうか?
セスジヒメハナカミキリとは、違う気がします。
ニセヨコモンヒメハナカミキリが近いかもしれません。

画像

こちらは、ナガバヒメハナカミキリ系でしょうか?
他にはフタオビノミハナカミキリは、大量にいました。

すっかりお馴染みの、ニンフハナカミキリと思うのですが、これもよくわからなくなってきました。
大きいものや、幅が若干違うものなど、数種類よく似た種類を誤同定しているかもしれません。
大阪府南部から、和歌山県の山の上では非常に多いですが、この前兵庫県でも見かけて、ああこんなとこにもいるんだと思った記憶があります。
画像


倒木にいたのは、コガネナガタマムシ。
多分、初見です。
これもよく似た種類がいるようで、詳細は不明です。
画像


最後にトイレにいたこの蛾です。
不鮮明ですが。
ナミスジトガリバ?
画像


森の中には。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック