八月の山にて

八月の山には、平地とは、違う昆虫の世界があります。
この季節この山で、毎年見るツノアオカメムシです。
RSCN6757.JPG
マルバネコブヒゲカミキリというカミキリムシのようです。
それほど多くない種類のようで、初見だと思います。
RSCN6742.JPG
ヨツスジハナカミキリや、コウヤホソハナカミキリ、マルガタハナカミキリよりも少ないオオヨツスジハナカミキリに会えました。
RSCN6661.JPG
植林のなかにいたチャマダラエダシャクです。大阪府南部は、北部に比べ植林が多いですが、この山の植林はよく手入れされ、気持ちの良い植林です。
RSCN6728.JPG
シロシタバもいました。
RSCN6739.JPG
イタヤハムシは、少なめの種類です。
RSCN6641.JPG
山には、平地とは、違う昆虫がいますね。

この記事へのコメント

2019年08月12日 09:40
山地に行くといろんな虫に会えるので楽しみですね。
チャマダラエダシャクは、当地430mの産地でも見つけたことがあります。エダシャクの中でも、開張サイズでは、70mm位で第3位です。
https://s2014no64.at.webry.info/201705/article_6.html

ツノアオカメムシの鮮やかな濃い緑、奇麗ですね。

熱中症には、くれぐれもご注意を!!

2019年08月13日 11:55
ツユヒメ様
いつもありがとうございます。
エダシャクの仲間は、沢山あって、私には覚えきれませんが、チャマダラエダシャクはなかなか特徴的で、綺麗な種類ですね。