ウラミスジシジミ

 予想外でした。この山は、一昨年、スミナガシ、昨年、ルリボシカミキリ、ヒゲナガゴマフカミキリ等見せてくれました。  今日はウラミスジシジミに会えました。 何処でも減少傾向にあり、大阪府では、絶滅危惧Ⅱ種のゼフィルスです。  隠れているつもりなのでしょうか?鮮やかな赤茶色が、緑に映えます。…
コメント:2

続きを読むread more

伊賀の山にて

 奈良県境付近の伊賀の山。 このあたりの山は、植林の森が多い。 この山も、下の方は植林でした。 それでも、登っていくと、暗い森がありました。 この暗い森にも、よく見ると昆虫がいました。 粗朶に来ていたのは、初めて見たナガクチキムシ。 ムツモンナガクチキムシです。&nb…
コメント:2

続きを読むread more

ジュウシチホシハナムグリ

 この種類の日本での分布の中心は、四国、九州のようです。 ネットで見ると、里山の栗の木等に来ているような写真もあります。 一方、それより北にも、果ては東北まで広く分布するようですが、何故か自然が豊かな山にしか棲息していないようです。 中国山地や、比良山地、紀伊山地などにはいるようです。 …
コメント:0

続きを読むread more

里山

 里山の昆虫が、実はかなり危ういものであることを、ほとんどの人は気付いていない。  ただ、昔はクワガタムシが沢山いたのにいなくなったとか、思っている人は多いが、それは、氷山の一角でしかない。 鹿害で、林床は、悲惨であり、ナラ枯れ、独特の炭作りの衰退により管理もなくなり、森は暗くなり、栗の木が切られて。&nb…
コメント:2

続きを読むread more