金剛山地の昆虫相

近畿の昆虫を見ていて思うのは、大阪府南部の金剛山地の昆虫相の特殊性である。
海沿いの和泉山地は普通なのに、すぐ近くの金剛山地は全然違う。

例えば、ヒゲナガゾウムシ類特に下の写真の類
画像


サカハチチョウ
画像


チャボハナカミキリ
画像


セアカツノカメムシ
画像


樹液性の昆虫が少ない一方で、こういった他の地域では、あまり優先種ではない種類が非常に多い。
植生にも違いがある気がするし、シカ、クマもいない。イノシシはいるのかもしれないが、あまり聞いたことがない。

"金剛山地の昆虫相" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント