里山

 里山の昆虫が、実はかなり危ういものであることを、ほとんどの人は気付いていない。
  ただ、昔はクワガタムシが沢山いたのにいなくなったとか、思っている人は多いが、それは、氷山の一角でしかない。
 鹿害で、林床は、悲惨であり、ナラ枯れ、独特の炭作りの衰退により管理もなくなり、森は暗くなり、栗の木が切られて。
  蝶もカミキリムシも、当たり前だった存在がいつのまにか消えようとしている。
 例えば、このウラナミアカシジミ。
RSCN9917.JPG
 こんなありふれた存在も、ナラの若い木が好きなので、森が管理されなくなると消えてしまう。
  メスグロヒョウモンは、どのサイトでも、比較的多いと書いてある。
 でも、もうクモガタヒョウモンなみにしかいない。と感じる。
RSCN0020.JPG
 トラフツバメエダシャク。
こういう種類は、気にしていないと、ああいつものやつがいるわとなる。
 でも、ちょっとずつ違う種類がいるようです。
 何より綺麗な種類と、改めて感じます。
RSCN9907.JPG
野鳥で昆虫を撮っていても撮りやすいムシクイの仲間。
 ムシクイは、遠くへとんでいかず、茂みを移動することが多いので、見つけてから野鳥モードにしても、撮れることがあります。
DSCN9901.JPG
シラケトラカミキリ。
よく行っていた材置場の管理の仕方が変わり、当たり前だった本種も、2年ほど会っていないかも。
RSCN0032.JPG
まあ、大阪府南部に引っ越して、里山に行くことも減りました。
 そのせいもあるのかな。
 枯れた木に沢山ついていたこういうゾウムシも、枯れ木がなくなれば、消えてしまいます。
 昆虫は、不思議で、消えたと思っていたものがまた、環境が変わると目にしたりします。
RSCN9892.JPG
 里山の昆虫も、環境が変わると消えたと思っていても、また環境が戻ると、残っていたものが戻ってきてくれるのでしょうか?



"里山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント