えたいの知れない昆虫

 こいつは何者なのか?
桜の葉っぱに、ぬめぬめした目玉が横に飛び出た平べったい昆虫らしきものがへばりついていました。
RSCN0363.JPG
 このあと、もっとよくわかるように写真を撮ろうとしたら、落ちてしまったのだが、こいつは、オオヨツアナアトキリゴミムシというゴミムシの仲間らしい。
 主に、クワゴマダラヒトリの幼虫を食べるという狭食性の種類ということだ。
 こういう昆虫がいるということは、出会いがないと気付かない。
 珍しい種類ではないらしいが、樹上性で、あまり目にしないとも書いてあった。
 クワゴマダラヒトリは、害虫なので、一応、益虫と言われる昆虫らしいですが、見た目はあまり益虫ではありませんね。
 古い材置き場には、ミズギワアトキリゴミムシ。
 ゴミムシの仲間は、マニアックですが、なかなか面白いです。
RSCN0345.JPG
カミキリムシは、シラホシカミキリ、キッコウモンケシカミキリ、エグリトラカミキリ、キイロトラカミキリがいました。
RSCN0444.JPG
草原では、よく見かけるドロノキハムシ。
RSCN0414.JPG
 石垣には、マルバマンネングサの仲間でしょうか?
DSCN0403.JPG
蝶は、ミドリヒョウモンぐらいです。
RSCN0391.JPG
あとは、小雑昆虫
RSCN0425.JPG
RSCN0352.JPG
多分、普通種です。
後は帰り道を間違えて、車ごと、崖下へ落ちるかと思った。
何とか私道みたいなところで、軽なので、Uターンできたが、後から地図を見ると、もしかするとあのまま突き進んでたら、戻れなかったかもしれない。
和歌山県は、恐ろしいです。

"えたいの知れない昆虫" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント