サファイアブルー

今日は用事で遠方へ。 ついでに兵庫県西部の里山に寄って来ました。 ここはキマダラモドキやエゾナガヒゲカミキリ、ベニバハナカミキリ等に出会ったとっておきの場所です。 しかも、野鳥撮りや、昆虫撮りの人を一度も見たことのない、観光地からも離れた場所です。 ふと見ると目の前にこんな蝶が。 間違いなくミドリシジミの仲間です。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この山の定番カミキリムシ

去年この山で初めて出会ったカミキリムシ2種類は、山の普通種のようです。 ホソハナカミキリ。 ニンフホソハナカミキリ。 蛾の仲間も、最近撮るのだが、普通種の知識が蓄積されていないだけに、種類の特定が難しい。 この派手なのは、スジベニコケガ? 去年もここでよく見た、ホシオビコケガ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャイロホソヒラタカミキリなど

兵庫県東部のAフィールドは今季2度目です。 今年はトラカミキリの仲間を見かけません。 あれほど沢山いたのに、忽然と消えてしまいました。 チャイロホソヒラタカミキリは既に潰れていました。 全国的には、普通種のようですが、初見です。 昼間に活動することはあまりないようなので、それで会えなかったのかもしれません。 カミキ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

和歌山県の里山で

和歌山県の里山に行って見ました。 ここは毎年行く、兵庫県東部の里山に負けない素晴らしい環境かもしれません。 イシガケチョウがこんなに綺麗に撮れた。 幸先のよいスタートでした。 マイマイカブリも久々の出逢い。 ここの特徴は何と言ってもトンボ。 トンボの識別は難しい。 マダラアシゾウムシ? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性分

昆虫というのは、奥が深い。昆虫ブログを見ていると、狭く深く興味を持つ人の観察眼には恐れ入る。野鳥ブログもそうだ。 私はどちらかというと広く浅くのタイプかなあ。 あまりもともと、一つのことを深く掘り下げるのは、得意ではないかもしれない。 私の好きなカミキリムシ。しかしカミキリムシに特化したブログを見るとこれもすごい。 チャ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も昆虫撮りに

今年も確認しないと始まらない、兵庫県東部のA地点に、昆虫撮りに行ってきました。 昆虫フィールドは脆いなあと思わせる破壊と、ギリギリ守られている人間の良心を見ました。 今年も緑の宝石クロホシタマムシは健在でした。 数は多かったムツボシタマムシ。 今日はタマムシデイでした。 オオマグソコガネでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シギチはまだか?

タシギは、渡りの季節は、思いがけない出会いがあります。 私的に、ケリ、コチドリ、イカルチドリ、イソシギ、クサシギの次ぐらいでよく遭遇します。 しかし、近畿で確実に行けば会えるような場所は少ないと思います。 京田辺の田んぼは、そういう場所です。 タシギは以前はなかなか見つけられなかったので、未だに会えると嬉しい野鳥です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏鳥には会えなくても

昨日は、夏鳥を期待して、富田林の公園へ。 鳥撮りの集団を探した方がいいなんてのは好きじゃないので、こちらへ来ましたが、見事なほど、鳥撮りの人が居ません。 まあ情報を頼りに、鳥撮りってのもいいと思います。 ようは、一人ではなく、人と一緒に和気あいあいと鳥撮りをしたいなら、必然的に、情報を共有することになるからです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山の春

空を見上げると円を描くように、サシバが舞っていました。 緑のなかの野鳥は、見つけにくいですが、嬉しそうです。 昆虫は普通種を新鮮な気持ちで撮れる時期です。 花も綺麗です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和川のハヤブサ

対岸近くの遠いところですが、嬉しいハヤブサとの出会いでした。 当ブログ初ということは、あまり縁がないということです。 淀川で上空のハヤブサに出会ったことはありますが、じっくり見たのは、はじめてです。 正面顔もなかなかいいですね。 水浴びまでしてくれたのですが、なんだかよくわからない写真ですね。 印象的だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日香村でアカハラ

住宅街のそばの小さな茂みに桜が咲いていました。 ふと見ると、なんとアカハラ! それにしてもこの赤いお腹はドキッとさせられます。 日本付近でしか繁殖しない、近畿では冬鳥ですが、私的には目にする事が少ない野鳥です。 明日香村で越冬したというより、春の移動が始まっているのでしょう。 もちろん明日香村では、初見です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺でゆっくり

海はいいですねえ。 たまにはゆっくりしたいものです。 まあ、干潮の時間までにオオジュリンを見て、干潮前には、海でシギチを待とう。とか、考えながらですから、ちっともゆっくりじゃないです。 ゆっくり野鳥がやってくるのを待つような鳥見は、もう少し色んな野鳥を見ないと無理なのでしょう。 オオジュリンは、今頃は通常だといると思い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日射し

写真を撮っていると、太陽の向きに泣かされる事が多々有ります。 でも、今日のマヒワは、快晴の太陽に照らされて、輝いてくれました。 それほど出会いの多い方ではないマヒワですが、それ以上にマヒワは逆光や曇りでは、全くダメですから。 先日行かなかった生駒に行ったのですが、今年は、ミヤマホオジロ、シメ、アカゲラ、カヤクグリ、トラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日香村で紅と青

今年はあまり山の鳥に会ってないので、生駒にでも行ってみようか? そんなことも考えましたが、生駒の方は、他のブログに任せよう。 自分のブログは、やはりほとんど情報のない明日香村だ。と最終結論になりました。 明日香村に行ってもいつもの野鳥を確認するだけだろうが。 と思っていましたが、明日香村では初の、紅と青に出会えました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウソにやっと

今日の金剛山は、人だらけでした。 山の上にいたのは、あまり、人間を怖れない野鳥達です。 例えばここのカケスは、人がいてもピーナッツでももらえないか?と近くで見ているような野鳥です。 カラ類は、比較的近くで見れる野鳥です。 代表で、ヒガラ、エナガです。 出会えたのは、それだけ。 もう下りよう。そう思い、ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堺市美原区でタシギ、イカルチドリ、コチドリなど

今日は曇りがちなので、鳥見はやめるつもりで、ゆっくり起きて、ごはんもしっかり食べて、犬の散歩もして、でも、少し晴れ間も見えてきました。 こうなると、カメラを持ち出してしまいます。 すでに11時なので、一番近くの鳥見スポットの一つの舟渡池に行ってみました。 まずはタシギ。タシギは大好きな野鳥です。 小さい体に、まるでペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近くの公園で。

近くの公園で、特にあてもなく、普通の野鳥が撮れればいいかと、出かけました。 そう、こんな子が遊んでくれたら、もう満足です。 去年までは、今まであまり撮ったことのない野鳥を撮りたいという気持ちがありました。 今年はなんだか、去年以上の写真をなんて気もなく、のんびりしています。 ここで、3年連続のオシドリ。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里の川の野鳥

道場というところは、野鳥の種類のすごく多い所です。 こんなところに住めたらいいだろうなあと思うような場所です。 ここには川があって、その回りに田んぼがあったり山があったりして、絵に描いたような村落があります。 ネタになるような野鳥は撮れませんでしたが、こういうありふれた野鳥を、偶然のままに撮るのもいいもんです。 ジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奈良のヒクイナ

平城京跡は広いのですが、野鳥を見る人は、狭い範囲に固まっています。 こういう鳥見が好きか嫌いか?意見が別れると思いますが、私はあまり好きではありません。 やはりどこに居るかわからない野鳥を、うろうろしながら探すのが楽しいのです。 カメラを構えた人が、アリスイポイントにいます。 反対に歩いていくとヒクイナがいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京田辺市の田んぼに今年も

タゲリ、タシギ、クサシギ、ミヤマガラス、ホオアカ、イカルチドリなど。狭い範囲ですが、今年も来ています。 沢山の種類を見れる場所ではありませんが、野鳥写真は種類じゃないと思います。 それこそ、ホオジロでも、綺麗に撮れれば満足します。 寒波で凍った田んぼのなかに、縮こまるようにタゲリはいました。 タゲリは近畿ではど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more