テーマ:カミキリムシ

ルリボシカミキリ

 再びブナ林のある山へ。関東では珍しくもないそうですが、私にとっては初めてのルリボシカミキリに出会うことができました。             有名な澄んだブルーは、遠くからも美しく見えました。一ヶ所にじっとしていることが多く、写真も非常…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブナ林は虫本番

  山の上のブナ林。近畿のブナ林では、あまり楽しい思いをしたことがなかったのですが、今日は倒木まわり中心で、色々な昆虫に出会えました。 見たことがあるようなないような、小型のシデムシかと思いましたが、シラオビシデムシモドキというハネカクシの仲間らしいです。 そもそも、シデムシ、デオキノコムシもハネカクシ科に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

和歌山県の材置き場の周りで

私にとって材置き場は、最も好きな場所のひとつです。 今年は兵庫県の材置き場がダメなので、毎年当たり前に会えていた種類に会えていませんでした。 里山の材置き場は、もうそろそろカミキリムシのシーズンが終わります。 今日は天候が不安定なので、天気予報を見ながら場所を決めました。 そんな場所で、新たな材置き場を見つけました。 それほ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

もうひとつの山へ

今年は遠出せず、近くの山をまわっています。 この山も有名ですが、初めてでした。 なんだいつものやつか。と思いましたが、違いました。 いつものエグリトラカミキリ、トゲヒゲトラカミキリに似たホソトラカミキリです。 黒の部分が一番多いのが、ホソトラカミキリです。 ナガフトヒゲナガゾウムシは、実は外来のようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫の季節も終盤へ

昆虫の季節は4月に始まり、5,6,7,8そして9月で終わる。 つまりこれからは、日々、昆虫の種類も数も減っていく。 この季節になると、よく見かける種類もいるが、その姿を見ると、ああまたこの季節が来たか。。。と、寂しくなる。 アカハナカミキリは何故か羽根音が大きく、あちこちをとびまわっていた。 ヤスマツト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この山の定番カミキリムシ

去年この山で初めて出会ったカミキリムシ2種類は、山の普通種のようです。 ホソハナカミキリ。 ニンフホソハナカミキリ。 蛾の仲間も、最近撮るのだが、普通種の知識が蓄積されていないだけに、種類の特定が難しい。 この派手なのは、スジベニコケガ? 去年もここでよく見た、ホシオビコケガ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャイロホソヒラタカミキリなど

兵庫県東部のAフィールドは今季2度目です。 今年はトラカミキリの仲間を見かけません。 あれほど沢山いたのに、忽然と消えてしまいました。 チャイロホソヒラタカミキリは既に潰れていました。 全国的には、普通種のようですが、初見です。 昼間に活動することはあまりないようなので、それで会えなかったのかもしれません。 カミキ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホソハナカミキリ

今日も和歌山県の山で、初見のカミキリムシに会いました。 ホソハナカミキリか、ハコネホソハナカミキリか? とりあえず、ホソハナカミキリということにしました。 何度も和歌山県の山に行ったのも、こういう種類に会いたかったからというのもあります。 地面に這いつくばるようにして見ていると、オバボタルのようにゆっくりした飛翔で、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

兵庫県西部の初見のカミキリムシなど。

昨年、気に入って3回も通った兵庫県西部の里山に、今年も行ってきました。 今まで、ウスイロトラカミキリ、キマダラモドキなどを見ている場所です。 今回は2種類の初見のカミキリムシを見ることができました。 エゾナガヒゲカミキリという種類。正直、存在自体を今回初めて知りました。 しかし、面白いカミキリムシです。鳥の糞に擬態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミキリムシと環境

今日は実家へ帰るついでにマイフィールドへ。 いつもの材置場は、なんとブルーシートが掛けられていました。 今年は住宅地裏の斜面が伐採されて、伐採された木がならんでいます。 カミキリムシは、元気な木ばかりではあまり増えることはないと思います。 このあたりは、まだ人が入って木を切ったりしているのでこれだけのカミキリムシが生活し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

不明カミキリムシ

この前面白かった和歌山県の山です。 今日は熊が出たそうなので、音楽を流しながら、散策しました。 麓で見たことがないようなカミキリムシを見つけました。 ヌバタマハナカミキリというのが似ているのですが、あまり多くない種類のようで、こんなところにいるのかどうか。しかも、前翅の前胸との付け根部分に盛り上がりがあるのが本種の特徴のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミキリムシの季節

今年はなかなか珍しい種類に会えません。 特に昨年、ヨコヤマトラカミキリや、ヒメトラハナムグリ等を初見した、第二フィールドは、今年はよくないようです。 チャボハナカミキリ。第一フィールドにはいない種類ですが、ここのほか、大阪府南部では、比較的よく見ます。 よく似たセスジヒメハナカミキリ。ここではよく見ますが、他で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府南部の昆虫

私の主要な昆虫観察の場所は兵庫県南部です。 昆虫観察にはもってこいの広葉樹の里山が拡がります。 しかし、この場所に行くだけでは、見ることが難しい昆虫もいます。 今日は、今の地元である大阪府南部の昆虫を探しに行きました。 コウヤホソハナカミキリ。大阪府南部、和歌山県でしか見たことがありません。 全国的には普通種らしい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウスイロトラカミキリ

いつもの場所ではなく、兵庫県西部に行ったのは、見たことのないカミキリムシに会えるかと思ったから。 思惑通り、ウスイロトラカミキリに初めて会いました。 この色合い、以前のせたオオオビハナノミと同じような配色です。なにか意味があるのでしょう。 今年初のウラナミアカシジミです。 キモントガリメイガでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

素晴らしい昆虫の楽園

やはりここは、素晴らしい場所です。 今年は良くないかと思いましたが、来年へまた命を繋ぐ場面に多く出逢い、ホッとしました。 出逢いの順で。今日は、言葉を入れるスペースがありません。 セイボウの仲間 ミドリカミキリ クロハナムグリ クモガタヒョウモン ベニカミキリ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヨコヤマトラカミキリなど

この時期、主に2ヵ所のフィールドを中心に昆虫を探します。 材が期待出来ない第一フィールドに対して、こちら第二フィールドは変わらず好調です。 まずは、初見のヨコヤマトラカミキリです。 シラホシカミキリは、今年も出てくれました。 リンゴカミキリでしょうか?普通種ですが、カミキリムシの形をしているだけで、私にと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も兵庫県西部にて

兵庫県南部は、自然林率が高く、クマも少ないので、昆虫の季節になると、兵庫県東南部に行くことが多くなる。 しかし、兵庫県の昆虫を語る上で、避けて通れないのが、西の端である。 今年も昨年に続き岡山県境に近い場所を歩いてみた。 最初、なかなか昆虫に会えなかったが、最後に初のムネアカクロハナカミキリに会えて、今日、ここへ来て良かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は材が良くない

残念なことに2年間楽しませてもらった材が、今年は良くありません。 それでも別の場所に、木を切って集めた場所を見つけました。残念ながら、細いし、木の種類も限られるようです。 居たのは、エグリトラカミキリ、シラケトラカミキリ、タテスジゴマフカミキリ、アオバナガクチキ、アトジロサビカミキリ、クロナガタマムシなど。 トラフシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏能勢の昆虫

実家がある能勢の昆虫は身近であるが、能勢と言っても山々の南側しか知らない。 今日は、裏側。つまり北側へ行ってみた。 まず、オオヨツスジハナカミキリが出迎えてくれた。 珍しくないのでしょうが、能勢っぽくない。さすが裏側です。 ヤスマツトビナナフシ。これも地元では見たことがありません。 アカスジキンカ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ハイイロヤハズカミキリ

今日は、遠出しようと思っていましたが、電車の時間を勘違いしていて、結局いつものフィールドへ。 ここは、7月なかば以降は、昆虫も減って、さほど期待も出来ず、クワガタムシあたりでもいればなんて感じで上のほうを見上げていました。 すると?見たことがないカミキリムシが。初見のカミキリムシが見つかるとは期待していなかったのでビックリです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さなカミキリムシたち等

今日は小さなカミキリムシたち。新顔は。シナノクロフカミキリ、ヒメナガサビカミキリ、ヒシカミキリ、セミスジコブヒゲカミキリ、ドイカミキリ、ヤツメカミキリ、ヒトオビアラゲカミキリ、ガロアケシカミキリ。だと思います。地味で小さなカミキリムシですが、ちゃんと、カミキリムシなんですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラホシカミキリ

今年も会えました。シラホシカミキリ。色合いもデザインも好みの種類です。 こちらも、普通種ですが、素晴らしいデザイン。ヨツキボシカミキリです。 キスジトラカミキリは増えてきました。トラカミキリの仲間では、シンプルではっきりしたデザイン。 体型、色合いから、チャボハナカミキリでしょうか。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more