テーマ:滋賀県

オオジュリンの楽園

葭原はオオジュリンの楽園です。 葭に隠れてしまえば空からも陸からも、見つけるのは容易ではありません。 西の湖の畔には、オオジュリンが無数にいました。 空からミサゴ。 鴨たちも撮ってきました。 モズも。 滋賀県に来たのは久しぶりです。 やはり空気が違いますね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今冬の鳥撮りは

カモをこんなに熱心に見たのは初めてでした。 私が鳥を撮るようになったのは、シギチから。 その後、小鳥の楽しさを知りました。 カモはと言うと、それらの鳥を見るついでみたいなもんで、わざわざ群れのなかまで見ませんでした。 小鳥をある程度見てしまって、カモをやっと見るようになりました。 湖西は今季4度目。 すっかりその静…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西の湖でヒクイナに

去年あれほど見れた西の湖のオオジュリンもベニマシコも、なんと!1羽もいませんでした。 まさかの事態にとぼとぼ歩いていると、なんと!この子が出てくれました。 西の湖は環境的にいてもおかしくないですが、過去の探鳥会など調べていますが、今のところ、ヒクイナの記載は見つかりません。 関西では、毎年見つかっていますが、自分で見つける…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪に行く手を阻まれて

このまえは、霧だった湖西。今日は快晴でリベンジで行きました。 今日は雪のため、湖岸に近づけませんでした。 しかしながら、また新しい野鳥に会えました。 全貌を見せてくれない湖西に、今年中にもう一度リベンジを誓いました。 今まで、あまり興味なかったコハクチョウ。 でも、今日は厳しいかなという感じを打破してくれました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖西は霧のなか

この前、なんとなく気に入った、湖西へ遠出してみました。 ところが、一日中、霧が晴れませんでした。 こんなこともあるんですね。 でも、この子たちがいてくれて、まあ行って良かったです。 一番、近くに来てくれたのは、この子です。 オオバンやホシハジロばかりの鴨を見ていると、どんどん近くに来る鴨が一羽。 ホシハジロ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

湖西の野鳥

琵琶湖の西側。つまり湖西へは、あまり行く機会がない。 なぜなら、午前中、湖側が逆光になるからだ。 駅から、湖への間も、野鳥の多くいそうな場所も全て逆光。 そんな湖西に、午後の探鳥に行ってみた。 このあたりは、湧水で有名になった場所。 水がほんとに綺麗だ。 これは、綺麗な水草。しかし、在来種なのか、外来種な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も

去年、11月5日、ここで、カシラダカを見ていたら、ベニマシコが来ましたというブログを書きました。 今年は、ベニマシコを見ていたら、カシラダカが来ました。 エナガが目立ちます。 カンムリカイツブリもこの季節は
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キビタキはやはり花

歩けども、歩けども、野鳥が少なく、陽射しまぶしくふと見上げたら、花がありました。 キビタキはやはり花です。 メジロは甘党で、人間にも味覚が近いよう。 美味しそうなアケビをつつきに来ました。 今年はノビタキにほとんど出会えません。 人工物止まりですが、農家の生活とノビタキは似合うということで。笑 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

琵琶湖の畔で

この時期は厳しいですね。 歩きまわっても何もありません。 ケリだけは沢山いますが。 カルガモでも撮ってみるかー。 公園で仲良し?のアブラゼミとツクツクボウシを撮ってみたりして。 もう諦めて、琵琶湖へ。 浜に巨大なドブガイとイシガイの仲間が転がっていました。 ドブガイは18センチほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀県の山へ

滋賀県の山へ行きました。 頂上付近で、再び初見のカミキリムシに出会いました。 シロトラカミキリです。   下山途中の疲れの中、少しばかりの元気をもらいました。 オオウラギンスジヒョウモン。 ベニオビヒゲナガは、ド派手な蛾の仲間です。 シロホシヒメゾウムシ、クロマドボタル、キボシカミキリ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伊庭内湖にて

オオジュリン、今年は結構、出会えました。山へ行くより葭原のあるようなところへ行くことが多かったからかもしれません。 水辺には、鴨たちが。オオバン、ヒドリガモ、ヨシガモなど。 カンムリカイツブリは、夏羽へ。 ダイサギは、ブルーギルと格闘していましたが、飲み込めなかったようです。 最後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西の湖の野鳥たち

これまで、相性の悪かった西の湖。 何故、今まで撮れなかったのか不思議なぐらい、野鳥が出てくれた。 オオジュリンは、いったい何匹いるのか?想像つきません。 もう一方の主役は、ベニマシコ。今年はなかなか会えずにいたが、こちらも無数にいた。 そして、予想外に美しかったのは、アオジ。この2種類を見た後では、緑色が新鮮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬は来ない

冬鳥になかなか出会えません。 最近の鳥見から、寄せ集めです。 ジョウビタキは増えてきました。 空の上をノスリが 晩秋の野原の野鳥たち カンムリカイツブリにニュウナイスズメに。ゆっくりですが、冬鳥は増えてくれるのでしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬鳥到来

このタシギは、なんと民家の裏の10メートル四方ほどの田圃にいました。 エナガを撮っていたら、カシラダカが来ました。 カシラダカを撮っていたら、なんとベニマシコが来ましたが後ろ向きでした。 そのあと、モズが高鳴きし、ホオジロも来ました。 あとは、今年初ジョウビタキとキビタキ雌かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また、彦根の原っぱで、タシギに出会う!

この前、不明ジシギに出会った近くで、今度は数羽のタシギに出会いました。 やはり、彦根はいいです。 北の長浜や、南の近江八幡に有名な場所があるので、意外と鳥見の人はいないですが、一応、付近は探鳥会が毎年開かれていて、種類の多さには定評があるようです。 原っぱにはキジの雌も潜んでました。 ただ、ノビタキやコサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュウナイスズメ

今年もニュウナイスズメがやって来た。 電線止まりですが、今シーズン初は、やはり嬉しいものです。 ハジロカイツブリも今シーズン初です。 アオゲラにカケス、私にとって非常に手強い種類です。 原っぱには、ノビタキがまだいました。 そろそろ減ってくるかな?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

憧れの田圃のジシギ

ふいに田圃からシギチが飛んだ。 それほど遠くではない。飛んだ方へ行ってみた。 遠くに動くものが見えた。必死にカメラを通して探すが、見つからない。 諦めて、歩きだそうとしたその時、目の前にいるではないか! 私にとって、ジシギは憧れだった。 三重県の池で初めてみて、その美しさに感動した。 今度は田圃の中で見たい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああ、この声は

初めての場所は、リスクもある。 そこへ行った時は、しまったなあと思った。 松とコナラが主流で、シダやサルトリイバラやツツジが下草。 こういうからっからの環境は、何もいない。 野鳥の声もしない。 そんな時、頭上で聞き覚えのある声がした。 この前、YouTubeで聞いた、チッチゼミの声。 ああこの声が、チッチゼミの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋色

コムラサキは引っ越す前の小学校を思い出す。 校庭の蝶の美しさ。それは何故か秋の色で、そばを通る国鉄の客車の匂いとセットで思い出す。 ふいに、白い影が通りすぎた。 シロシタバが羽を拡げていた。これは幸運。 カトカラの美しさは、神秘的だ。普段は隠しているから。 今年生まれた若かな? 小さくて、頭でっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウクイ

ピンぼけですが、初のサンショウクイでした。 ふと、鳥がとまっているなと思い、カメラを向けたらいました。なんだか、存在を消す鳥だなあと思いました。 琵琶湖の畔の小高い丘。期待はそれほどしていなかったが結構いました。 オオルリ背中(笑) ウグイス、イカル、ルリビタキ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オオジュリン

もうそろそろ、こちらからは旅立ちます。 かなり黒くなりましたね。 アップしたい画像は、あまり無いですが、トビでも! すっかり春の陽気で、冬鳥さんも減っていくのでしょうね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラツグミ

今日は、ヒバリやウグイスやケリが鳴いていました。 去年のことなんか、忘れていました。春ってこんな感じやったかなあ。 トラツグミは珍しい鳥でもないらしいですが、今まで逢えませんでした。 でも、トラツグミ、トラツグミ言う人は多いですね。人気者なんですね。 アカゲラ シメ ベニマシコ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撮れない時は水鳥で

滋賀県にて、コガモたち 雪とマガモ カンムリカイツブリのこれだけの群れは初めて見ました。 カワアイサ雌、雄 最後に青い子が出てくれて、水鳥だけは逃れました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには水鳥も

このへんの種類はスルーしてしまうことが多いですが、それぞれ個性的で魅力ありますね。 ハジロカイツブリ ミコアイサ カンムリカイツブリ たまにはいいかも
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシラダカ

カシラダカという鳥は、近畿では少なめなんでしょうか? それほど逢える鳥ではありません。 今日は、32種類の鳥に出逢いましたが、カシラダカ以外は、お馴染みさんでした。 こちらを横目で見ていますが、なんだか優しい表情です。 一時は、冬鳥が順調と思いましたが、思ったほどではない気がします。 カシラダカだって貴重で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウソ

鳥見をはじめて、ずうっと心待ちにしていました。 別に珍しい鳥とは書いてないのに、なぜ逢えないのか? ウソは食べるのに夢中で、初見だと言うのに、大サービスでした。 本当に、美しかった。大満足です。 そして、おまけの、チョウゲンボウです。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

余呉湖畔散歩

琵琶湖の北にある余呉湖に行った。 琵琶湖は今まであまりいい鳥見が出来なかったが、余呉湖は良かった。 今シーズン初アオジ 今シーズン初ビンズイ 今年初ミヤマホオジロ ベニマシコ 今シーズン初カシラダカ カワアイサ、オオカワラヒワ、ニュウナイスズメなど計31種。冬鳥探鳥地と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more