テーマ:京都府

京田辺は大丈夫なようです

京田辺の乾田化というブログを、今季初めに書きました。 今日は今季2回目の京田辺へ行ってみました。 そこには去年までと変わらない野鳥たちの楽園がありました。 この素晴らしい環境を、残してほしいと願うばかりです。 今季はニュウナイスズメによく会いましたが、過去最大の大群です。 ケリの縄張り主張をよく見るようになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオアシシギ

今日は田んぼの野鳥を見ようと、巨椋池干拓まで来ましたが、ケリもいない。ツグミも数えるほど。チョウゲンボウすらいない。 今季はどうやら田んぼの状態の問題以上に、田んぼの野鳥が、関西には来ていないようです。 そんな中、2年振りのアオアシシギに会えました。 シギチは地味だとよく言われますが、白、黒、グレイの墨絵のような美しさは、野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京田辺の乾田化

京田辺は野鳥の楽園でした。 去年までは。 12月3日、いつもタシギやタゲリ、ミヤマガラス等多くの野鳥に会える田んぼに行きました。 今年は野鳥に会えません。 ノスリ、イカルチドリ、オナガガモ、モズ。 なんだか田んぼの様子がおかしいのです。 麦のようなものの生えている田んぼもあります。 籾殻がまかれていたり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマシギ

やっとタマシギを撮れました。 たんぼのシギチをあまり撮らないとはいえ、残っていてはいけない鳥と思いましたし、今年の目標のひとつでした。 ♀の方が派手ということですが、たんぼの中ではめだちません。 ♂♀いたのですが、♀はすぐにかくれました。 あとは残された♂のタマシギを。 青々とした稲の中で、本当に小さな野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シギチはまだか?

タシギは、渡りの季節は、思いがけない出会いがあります。 私的に、ケリ、コチドリ、イカルチドリ、イソシギ、クサシギの次ぐらいでよく遭遇します。 しかし、近畿で確実に行けば会えるような場所は少ないと思います。 京田辺の田んぼは、そういう場所です。 タシギは以前はなかなか見つけられなかったので、未だに会えると嬉しい野鳥です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京田辺市の田んぼに今年も

タゲリ、タシギ、クサシギ、ミヤマガラス、ホオアカ、イカルチドリなど。狭い範囲ですが、今年も来ています。 沢山の種類を見れる場所ではありませんが、野鳥写真は種類じゃないと思います。 それこそ、ホオジロでも、綺麗に撮れれば満足します。 寒波で凍った田んぼのなかに、縮こまるようにタゲリはいました。 タゲリは近畿ではど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウゲンボウ ホバリング

 遠くにいても、比較的、低い所をホバリングしているとチョウゲンボウだとわかります。 ハヤブサとは違う餌の取り方を選んだだけで、どちらが優れているというものでもないのでしょう。  クサシギはドジョウを捕まえたようです。 関西では、最もよく見かけるシギの一種。 こういう溜池や、河川など、目立つところによくいることもあるでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京田辺でセイタカシギ

 淀川のほうでもノビタキが見られているようですね。 今日はそろそろかな?と思い、田んぼに行ってみました。 結果はノビタキにはまた会えず、それでも溜池にセイタカシギがきてくれました。  ここの冬の常連、クサシギ。 イソシギと共に、最も目にする淡水シギです。 田んぼの中には、様々な草花が。 こういう雑然とした風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメチドリ

やっと時間がとれたので、京都府八幡市の田んぼに、シギチでもいないかと行ってみました。 農道なので、一般車両の通行はご遠慮下さいと書いてあったので、歩きでうろうろ。 1時間以上歩いた荒れ地に何かいないかな?と見ていると、この子が来てくれました。 ツバメチドリの幼鳥でしょうか? パッと見た感じケリのように見えましたが、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田んぼシギチは初心者マーク

今日は曇りなので、何となく昆虫という感じでもない。 そこで、気になっていた京田辺の田んぼに行くことにした。 今日もオオヨシキリからスタートです。 また出会えたタカブシギ。 田んぼシギチはもっと撮りにくいとおもったが、しばらく見ていると動きはじめた! ジシギの識別にも初挑戦!これはやはりタシギで間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通種ですが、縁がない

いつもなら、4月下旬からは昆虫撮りなので、野鳥はオオルリ、キビタキ等、山の野鳥を少し撮るぐらいです。 でも今年は、京田辺の田んぼに行ってみました。 私にとって、田んぼのシギチは、海岸のシギチよりずっと格上に感じていました。 今の時期に水が入っている田んぼは、近畿では少ないと思われます。 京田辺の田んぼは、どこまで野鳥に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3回目の京田辺

田んぼで野鳥を探していると、地元の人が話しかけてきた。 ワシらいつも見とるから、なんとも思わへんけど、何かあるんか? そうなんですよね。 普通にタゲリやミヤマガラスやタシギやクサシギやキジが、そこらで見られるのに、普通にいると、何とも思わない。 今日はタシギに複数会えました。 桜の木が賑やかだったので、よ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

苔をはこんで

比叡山にて。 ここに来たのは久しぶりで、冬鳥の状況はわかりませんが、今日は越冬組はシロハラ1羽でした。 かわりに、巣材をはこぶ野鳥に出会いました。 季節はいよいよ動き始めたような気がします。 ミソサザイは、囀りながら。 カケスも苔を
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水のある風景

新年あけましておめでとうございます。 今年最初の鳥見は、京田辺の田んぼへ行きました。 冬水田んぼという言葉がありますが、ここの田んぼは関西の他の地域より湿っています。 そして、溜池は水が抜かれています。 本当に貴重な場所だと思います。 タゲリが普遍的に越冬している田んぼ。 関西にどれだけ残っているでしょう? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京田辺市のたんぼと溜池

初めて行ってみた京田辺市のたんぼと溜池。 素晴らしいところでした。 今でも、近畿にこんなたんぼが残っていたことが、嬉しかったです。 ここのタゲリは警戒心も少なかったです。 キジも花を添えてくれました。 ミヤマガラスは、実は初見です。 ほんとに頭が平べったいんですねー。 溜池にはクサ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セッカと鷺とハスの花

セッカとスズメとヒバリを、普通の人は区別しないでしょう。 それほど地味なのに、何故か魅力があるんですよね。 夏は昆虫撮影中心の私にとっては、あまり綺麗に撮った事がありません。 だから、今も魅力的な被写体なのかもしれません。 最初に撮った野鳥は、シラサギだったかもしれません。 それほどありふれた野鳥ですが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桂川を歩いてみた

カンムリカイツブリ。こんな時期から夏羽へと? ホオアカはかなり待ったのですが、撮りなおしがきかず。今季初なので。 イカルはことしは、色んな場所で見ますが、京都は元々非常に多い場所です。 あとは、お馴染みさんばかりでした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そしてまた季節は

今日は野鳥はあまり撮れず、昆虫がメインです。 短い一生をおそらく終える前の蝶たちが。。。 オオヒカゲ。この場所は、野鳥も昆虫もそれほどではない。 でもこういう、近畿では局所的な種類がいるんですね。 ゴイシシジミ。こちらも近畿ではかなり局所的なのか? ここ以外で見たことはありません。 それにしても見るたび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裏能勢の昆虫

実家がある能勢の昆虫は身近であるが、能勢と言っても山々の南側しか知らない。 今日は、裏側。つまり北側へ行ってみた。 まず、オオヨツスジハナカミキリが出迎えてくれた。 珍しくないのでしょうが、能勢っぽくない。さすが裏側です。 ヤスマツトビナナフシ。これも地元では見たことがありません。 アカスジキンカ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

里の野鳥と春の蝶

一期一会のクロノビ。今日、逢えるとは思いませんでした。 キジはこちらに気付ながら、飛ぼうとせずただスタスタ 歩いて遠ざかりました。 カケスは群れでいましたが、撮れたのは、この子だけでした。 そして、ツマキチョウとミヤマセセリ。春しか見れない蝶です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1、2月の総括

とりあえず、今日の鳥です。 オシドリ 毎度のイカル タヒバリ 13回の鳥見で、見た回数です。 13回 カラス、ヒヨドリ 11回 メジロ、シロハラ、アオサギ 10回 シジュウカラ、スズメ、ツグミ、カルガモ、アオジ、ハクセキレイ、カワウ、ヤマガラ 9回 ドバト、ジョウビタキ 8回 カワラヒワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古都らしい野鳥たち

天気予報で、近畿全般が雨予報。ダメ元で、雨雲が一番遅く到達しそうな京都へ行くことにしました。 結果的には大正解でした。 とりあえず、お寺で、エナガとあそんでいると ビンズイがいました。 ビンズイは、何故か京都と奈良で、よく出会います。 その後、カモやカワセミを撮ったりしてるといました。 イカルも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

南山城村にて

人と同じ写真を撮っても、意味がない。良い写真を撮ることより、偶然の出会いを求めている。 だから、誰も行かない場所へ行きたい。京都府の三重県境に行ってみた。 ツグミが、出迎えてくれた。 モズが多いところは、鳥が多い。 今シーズン初ルリビタキ 最後にカワセミ 本当は、カケス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more