テーマ:写真

城北ワンド

ある意味、大阪らしい場所のひとつではないでしょうか? 今年はどーも野鳥に会えません。 ですから、散歩して写真撮ってみたいなブログになってしまいます。 城北ワンドに降りる道から。 城北ワンドは釣り堀が沢山、川のほとりにあるという釣り人にとっては夢のような場所ではないかと思います。 鴨は釣り人を怖れず、どこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性分

昆虫というのは、奥が深い。昆虫ブログを見ていると、狭く深く興味を持つ人の観察眼には恐れ入る。野鳥ブログもそうだ。 私はどちらかというと広く浅くのタイプかなあ。 あまりもともと、一つのことを深く掘り下げるのは、得意ではないかもしれない。 私の好きなカミキリムシ。しかしカミキリムシに特化したブログを見るとこれもすごい。 チャ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野鳥の顔とか

スズメの顔がこんなにいかついなんて、気づいている人は、あまり多くはないかもしれない。 でも、スズメはカラスと近縁なのだ。 あの群れようを見れば、鳥界の暴走族のようなものなのかもしれない。 シジュウカラの紺色の部分だけ見ていると、なんだか違う生きものにも見えてくる。 違う生きものと言えば、マガモの嘴は有名かも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山あいの駅にて

昆虫写真に人工物が入ることを、私は好まなかった。 しかし、ここに来て考え方が変わった。 あえて引いて人工的ななかに昆虫を入れてみると、新しい世界が見つかる気がした。 ~山あいの駅にて~ もしかすると人工的な空間に、昆虫という自然が存在するということに、何か人間。もっと言えば自分を重ね合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の里山

里山と言っても、決して単調な森ではないことが、このやまなみを見ればわかる。 ツツジの彩り。まるで、ふすまの柄のよう。 すみれ色も美しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も

去年、11月5日、ここで、カシラダカを見ていたら、ベニマシコが来ましたというブログを書きました。 今年は、ベニマシコを見ていたら、カシラダカが来ました。 エナガが目立ちます。 カンムリカイツブリもこの季節は
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有馬川にて

冬鳥の便りを聞きながら、出かける時間がなく、久々の散策になりました。 今年最初の冬の小鳥はアオジでした。 川の中に鴨がいたので、よく見ると、イカルチドリが歩いていました。 向こうにはコガモです。 この川は綺麗なので、ダイサギも絵になります。 いたるところに、ジョウビタキの声がしていました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お気に入りの昆虫写真

野鳥の場合、被写体の対象が、限られるので、気に入った写真をブログに載せることになる。 それに対して、昆虫の場合、写真は気に入っていても、ブログに載せる種類は、多くの種類の中から、選ぶことになるので、載せられないこともある。 今回は、そんな写真をたまには載せてみようと思う。 トンボというのは、過ぎ行く季節の一瞬を切り取る…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今日はよせあつめ

今日は、滋賀県に行きましたが、ほんとに何もいなかった! 今季はここはダメなようです。唯一、ミコアイサ。それも遠く! ということで、よせあつめです。カメラに向かってはいポーズの淀川のヒドリガモ。警戒心が薄いです。 警戒心薄いと言えば、このツグミ、何故か道路を見つめてました。 とおりすぎても 朝の景…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

風景写真

撮り貯めた、風景写真です。 1.散歩道ー兵庫県南部 2.草原ー兵庫県中部 3.奈良県の山ー奈良県北部
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫よせあつめ2

載せきれなかった昆虫たちを載せる昆虫よせあつめです。 アカハラケシキスイ。今まで見たことがあるのかわからないほど、地味ですが、赤い斑点が逆に新鮮。 ヒメキマダラセセリ♂。セセリチョウに興味なければスルーしてるでしょう。地味ですが。 キイロクチキムシ。時期物なんでしょうか?この…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

明日香村の春2

春が来れば、冬とは違う味覚を楽しむのかな? モズも! 花を愛でる この前載せた、ツグミ。横顔です。キジバトと。 春は華やかですね。 遠くのケリ。騒がしいのは、春だから? 春の明日香村は、本当に綺麗でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日香村の春

明日香村の春は、ヒバリの囀りの中です。 これは?ツグミの夏羽? ホオアカ!かゆいのかな? これは?もしやサシバ? 明日香村名物。ニュウナイスズメ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の鳥見から

しばらく鳥見に行けていないので、今年の鳥見から、載せていなかった写真を 三重県の川にて、ハマシギとヒドリガモ。シギチは意外と小さいなと、いつも思います。 シロチドリはいつもいます。さすが三重県の県鳥です。 この電柱はよくカモメがとまっています。この日は、セグロカモメでした。 大阪の公園のシロハラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミクロの世界を覗き見て

初めてカメラで、写真を撮った頃は、とにかく見つけた昆虫を撮っていました。 昨日、その写真を見ていて、衝撃を受けました。 何だか、写真に迫力があるのです。 写真を撮るうちに失った物は何でしょう?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもの鳥たち

今日は、いつもの鳥たちでした。 今シーズン初めて、ツグミをまともに撮れました。 ヤマガラもなんだか愛想よく エナガは、変顔で決めポーズ! ルリビタキは、また雌タイプですが、。 キセキレイは、ロープの上で、尾を振ってアピール。 いつもの鳥たちですが、なんだかみんなごきげんでした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昨日は凄い霧で、一時間ほど、鳥見も出来ず、こんな写真を撮ってました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武庫川上流にて

クサシギは白いアイラインがかわいい。 ホオジロは、どこにでもいるが、絵になる鳥なので、よく撮ります。 ジョウビタキがまたいました。今年は何だかよく会います。 今日の痛恨は、ベニマシコ。でも今年は、冬鳥、順調かな? 毎度、おなじみのエナガさんです。 今日も珍しい野鳥には逢えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日香村讃歌

ここは、珍鳥はいない。三脚を持ったカメラマンもいない。 でも、鳥の数は多い 。今日はのんびり、明日香村を散歩だ。 セグロセキレイとキセキレイが多いところだ。 ノスリが今年もやって来た。 クロツグミ若だ。渡り途中だろう。 ジョウビタキは、昨日初見、今日2羽。いっせいにやって来るんだね。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バン幼鳥

昨日は雨で、さんざんでした。そんな中の写真なので、かなり酷いですが サメビタキかな?エゾビタキかも。 キセキレイ。普通種ですが、綺麗なんでついつい撮ってしまいます。 バン自体、最近見た記憶がありません。最近オオバンはどこにでもいるのですが、バンを見かけないのは、偶然ですかね。今日は酷い写真ばかりですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何気ない風景です。 観光地でもない田舎道を生き物を求めて歩いています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金剛山地の昆虫相

近畿の昆虫を見ていて思うのは、大阪府南部の金剛山地の昆虫相の特殊性である。 海沿いの和泉山地は普通なのに、すぐ近くの金剛山地は全然違う。 例えば、ヒゲナガゾウムシ類特に下の写真の類 サカハチチョウ チャボハナカミキリ セアカツノカメムシ 樹液性の昆虫が少ない一方で、こういった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年見た昆虫3

トワダムモンメダカカミキリ。メダカカミキリと言うのは、目が大きいカミキリムシの仲間です。 大阪府南部 ドロノキハムシ。大型のハムシで、他のハムシと明らかに違います。この山には以前から記録があるようです。 大阪府南部 ミスジシリアゲ。標高700メートル以上に生息する高地性シリアゲムシです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年見た昆虫2

ヤスマツトビナナフシ。トビナナフシは、体が太くナナフシらしくない。高原にて多く見られました。 兵庫県中部 ゴマダラオトシブミ。いい感じの虫なんで、もっとわかりやすく撮りたかった。 京都府南部 シラホシカミキリ。普通種ですが、この美しさを昆虫に興味のない人は知らないでしょう。 タマムシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年見た昆虫

  野鳥が撮りにくい夏の間は、昆虫を主に撮っている。 今年、出会った昆虫を、選んでみた。 クモガタヒョウモン。昆虫にも、6月頃と、9月頃にしか会えないものがある。 もともと、それほど多いわけではないので、出会いか嬉しかった。兵庫県南部 クスベニカミキリ。非常に鮮やかなカミキリムシ。外側の羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more