奈良県南部にて

初めて奈良県南部に行きました。印象としては、岩湧山あたりに近い感じ。
金剛山系と奈良県南部の連続性を感じました。
まず、アトモンサビカミキリ。
画像


トゲアシゾウムシでしょうか?
画像


今日のちょっと好みの虫。シロジュウシホシテントウムシ暗色型
画像


奈良県代表。ルリセンチコガネ
画像


遅せばながら、今年初のオオルリです。
なんせ、4月から野鳥も昆虫も絶不調です。
画像


この蛾は、アオシャクの仲間で良いのでしょうか?
やはり、蛾の識別は難しすぎます。
画像


コアカミゴケでしょうか?
画像


いいところで野鳥は多そうでした。
ただ、昆虫は金剛山系と同じように物足りない。
何らかの理由で、昆虫相の発達が妨げられたのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2016年05月03日 21:48
アオシャクの仲間で調べて見ましたが、
横線のジグザグの波がズバリこれだと言う名前が
見つかりませんでした。蛾の仲間には変異も多く
未確認の種もいますので、大きさ、後翅なども
撮っておくといいですよ。
ヒメウスアオシャクの変異か?自信なし。
http://itotonbosan.web.fc2.com/syakuga2.html
2016年05月03日 23:02
ありがとうございます。
私もヒメウスアオシャクに最も近い気はしました。
確かに、この写真では難しいですね。
今のところ、蛾の仲間は、識別は難しいかなとは思っています。
まあ、蛾に関しては、ツユヒメ様には敵いませんから。いいんですよ。

この記事へのトラックバック