神戸の里山にて2

神戸の山は、六甲山から丹上山系まで、ほとんど過剰に伐採され、山火事も頻発し、禿山だったらしい。
おかげで水害による大きな被害を出して、植樹されて今の姿になったという。
植林ではなく、広葉樹を中心とした植樹は、当時、画期的だったらしい。

全国的には、絶滅危惧種に指定されている県も多いアオマダラタマムシ。兵庫県では、たまに見かける種類です。
このアオマダラタマムシなんかは、もしかすると植樹された木と一緒に拡がったのかもと思ってしまいます。
画像


イカリヒメジンガサハムシ。全国的には、それほど多くないとされます。
絶滅危惧種に指定されている県もあります。
ここでは、最優先種のひとつです。もしかすると、山頂付近のわずかに残った森の食草から、ニッチを得た食草とともに拡がったのかもしれません。
画像


本家カメノコハムシは、意外と見かけません。この子はカメノコハムシだと思うのですが。
画像


イタヤハマキチョッキリでしょうか?
カエデの植樹とともに拡がった可能性もあります。
画像


今日、唯一のカミキリムシは、キクスイカミキリです。
意外と私的には、見かけることが少い種類です。
画像


歩きながら約400匹以上の昆虫を見ました。
昆虫の本当に多い場所では、あちこちから昆虫がわいてくるので、かぞえていられません。
この昆虫たちは、どこから来たのでしょうか?
近畿の自然林はわずかです。
多くの昆虫が人間がつくった環境に乗じて拡がりつつあるのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2017年06月09日 12:44
アオマダラタマムシ良いですね。
食樹はサクラとあるので、沢山見られてもいい
はずですが、環境なのでしょうかね。
当地では見たことがありません、羨ましいです。
2017年06月10日 06:00
ツユヒメ様
いいですよね。けっこう大きいですし、見栄えがします。
ただ、こちらでは、それほど珍しい種類ではないようです。多分、近畿で昆虫を探している人にとっては、おなじみの種類です。

全国的には、少い地域も多いみたいですね。

この記事へのトラックバック