カエデの花に

前回、モミジの花の昆虫について少し言及しました。
今日は気温も高く、昆虫も出てきそうなので、兵庫県のいつもの里山に行ってみました。
そして、いつもの道の別れ道の少し入ったたところで、モミジ、つまり、カエデを見つけました。
何となく見てみると、多くの昆虫がやって来ます。
ただ、カエデの花に来る昆虫は小型種が多く、花も小さく散らばっていて、撮影は難しかったです。

まず、この季節には多い、トラフシジミ。
画像


狙って撮れたのは、これぐらいで、あとは、当てずっぽうで写して、拡大してみました。
これはもしや、ヒナルリハナカミキリでしょうか?
画像


あとは、小型の蜂が多く、こんな正面顔。
カエデの花の形もよくわかります。
画像


杉の材木置場では、ヒメスギカミキリ。
普通種のようですが、ここ以外で見たことがありません。
画像


ツマキチョウ雌です。
ツマキチョウは多いですが、なかなか止まってくれません。
画像


アオキの花が咲いていました。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック