和歌山県の材置き場の周りで

私にとって材置き場は、最も好きな場所のひとつです。
今年は兵庫県の材置き場がダメなので、毎年当たり前に会えていた種類に会えていませんでした。
里山の材置き場は、もうそろそろカミキリムシのシーズンが終わります。
今日は天候が不安定なので、天気予報を見ながら場所を決めました。
そんな場所で、新たな材置き場を見つけました。
それほど数は多くないカミキリムシですが、もう少し材が新しく、あと半月早ければ、相当面白いはずです。

まずはシラホシカミキリ。
いつ見ても美しい種類です。
比較的どこにでもいますが、何度見ても写真を撮って嬉しくなります。
画像


ヤツメカミキリの正面顔。
普通種ですが、こちらも何とも言えないウグイス色が美しいです。
画像


ヒメヒゲナガカミキリは、これからの季節の常連です。
こちらは色合いよりも、形がいい種類です。
画像


チャイロホソヒラタカミキリは死んでいました。
私にとって2箇所目の出会いですが、まだ生きた個体に会えていません。
普通種らしいんですが。
画像


ハギキノコゴミムシは、少し古い材の昆虫です。
ゴミムシダマシ、ヒゲナガゾウムシ等、少し古い材の種類が多くいました。
画像


画像


アヤシラフクチバ、モンキクロカスミカメムシ、アカハラケシキスイ等。
画像
画像
画像


普通種ばかりですが、楽しめました。
来年は5月に来てみたい場所です。

この記事へのコメント

2019年06月12日 19:36
★ヤツメカミキリは綺麗ですね、当地では
未見で羨ましいです。
★アヤシラフクチバ、翅に擦れもなく綺麗な
個体ですね。
 
2019年06月13日 17:11
ヤツメカミキリは結構色々な所で見られます。
そちらでもいつか出会いがあるのでは?と思います。
桜が多い所がポイントですね。
アヤシラフクチバは、よく見ると綺麗ですね。

この記事へのトラックバック