テーマ:兵庫県

ヒメクロトラカミキリ

ヒメクロトラカミキリ。体長4~9㎜。 この子は最小サイズと思います。 素早く動きまわり、とてもカミキリムシにみえません。 しかし、拡大すると、トラカミキリらしい模様がありました。 ムネアカクロハナカミキリ。 昨年、兵庫県の西部で初めて見ました。 マイフィールドでは、初見でした。 ゴマダラシロエダシャク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くも近くも

この季節は、遠くの鳥と、近くの昆虫。 両方はなかなか難しいです。 一期一会で、昆虫優先になってしまいますが、時に面白いものも目に入ってきます。 甲羅干し中のスッポン。 道路から、森を覗くと、動くものが。 暗闇の中、スポットライトのように照らされてコジュケイ。 模様から、アイヌハンミョウかもと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大切な季節

これから5月、6月と、私にとって最も大切な季節がやって来ます。 様々な昆虫が、爆発的に活動し初め、夏の昆虫と入れ替わる7月までに多くの種類は増加し、減少します。 今日は連休もはじまっているので、人が少ない第一フィールドへ行きました。 ホオジロアシナガゾウムシ。ゾウムシの仲間は地味ですが、まだまだ知らない種類も多そう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新緑の里山

里山と言っても、決して単調な森ではないことが、このやまなみを見ればわかる。 ツツジの彩り。まるで、ふすまの柄のよう。 すみれ色も美しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の昆虫初めの一日はセイタカシギで締めくくり

今年もまた同じ昆虫フィールドへ来ました。 第一フィールドと呼ばせていただきます。 過去にクリストフコトラカミキリやクロホシタマムシやウラキンシジミなどを見た場所です。 ここで、会えた夏鳥は、センダイムシクイだけです。 声は、コマドリ、ツツドリ、アオバト、ヤブサメ、アオゲラ、コジュケイ等。 何せここは下草が豊富で、野鳥…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道場で会えた野鳥は

41種類。キジ、ヤマセミ、ベニマシコ等にも会えましたが、撮れませんでした。 しかし、この季節でも楽しませてくれる場所と思いました。 トラツグミはやはり、何匹かいます。 縄張り意識が強いのか、近付いてもそこにいます。 クサシギは今季、ほんとによく会いました。 イソシギ、コチドリ、タヒバリも。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの稲美町

何年か前、私は昆虫の写真を撮るようになって、写真の魅力にとりつかれてしまった。 昆虫の季節が終わり、次は海の生き物でも撮ろうかと思い、いい干潟を調べると、櫛田川河口がいいとわかった。 ところが、海の生き物を撮っていると、シギチがさかんにやって来た。 なんのことはない、櫛田川河口は野鳥で有名な雲出川河口と同じ松阪市であった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道場でトラツグミ

ミミズを飲み込むトラツグミ。 なかなかユーモラスです。 ここの常連クサシギにイカルチドリ。 今年はよく出会います。 オカヨシガモは今までピンと来なかったんですが、なんとも美しいカモですね。 カシラダカ、イソシギ、ジョウビタキなど。 今日はヤマセミを撮りのがしてしまいましたが、それでも楽しめまし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有馬川にて

冬鳥の便りを聞きながら、出かける時間がなく、久々の散策になりました。 今年最初の冬の小鳥はアオジでした。 川の中に鴨がいたので、よく見ると、イカルチドリが歩いていました。 向こうにはコガモです。 この川は綺麗なので、ダイサギも絵になります。 いたるところに、ジョウビタキの声がしていました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

湿地で植物観察

トンボ目当てに湿地に行ってみましたが、今日は植物観察になりました。 サギソウ サワシロギク イヌノヒゲ 私的には、これが一番気に入った。 その他 これだけでは寂しいので、池にいた、カイツブリの幼鳥と川のイカルチドリを
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お気にいりの場所の仲間入り

今年、3回目の兵庫県西部に行ってきました。 ここは、今年初めて見つけた場所です。 1回目は、ムネアカクロハナカミキリ。2回目は、ウスイロトラカミキリを初見した場所です。 今日も面白い昆虫に出会いました。 キマダラモドキです。一瞬、目を疑いました。 丘の上のナラガシワや、アラカシ、クリ、アカマツがまばらにはえて、地面に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シュレーゲルアオガエル

ここが気に入ったようです。 朝9時通った時が上の写真。 午後12時通った時が下の写真です。 このあたりは、アカガエルで分布しているのは、タゴガエルのみのようです。 見なれないツノカメムシだなと思いましたが、ハサミツノカメムシ♀のようです。 トガリシロオビサビカミキリ。極めて普通とされますが、サビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の昆虫へ

野鳥が入れ替わる時期があるように、昆虫にも入れ替わる時期があります。 今までいてなかった昆虫たちが、6月終わりから7月初めにいっせいに出現します。 タマムシの季節になると、それまでトラカミキリ類の運動会だった場所も少しずつ変わりはじめます。 森は樹液の匂いが溢れます。 スジクワガタはこの場所の定番です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒメトラハナムグリ

なんてかわいいんだろう! 関東では、普通にいるようですが、私にとっては、2度目の出会いです。 毛むくじゃらでかわいらしくハチに擬態してますね。 緑色の宝石のような、ヒメスジコガネです。 カラフルな蛾の仲間。アミメリンガです。 今年もまた会えました。キイロクチキムシ 今年初のナガゴマ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨のあいまに

久しぶりのマイフィールド。木々も濡れて、絶好のコンディションとはいえないが、嬉しいことに、晴れました。 今年、最初のクワガタムシです。 タテスジゴマフカミキリは今年初めて知りました。 地味ながらも、なかなか綺麗な種類です。 コガタキシタバだと思います。 ミミズクが電信柱にとまっていました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウスイロトラカミキリ

いつもの場所ではなく、兵庫県西部に行ったのは、見たことのないカミキリムシに会えるかと思ったから。 思惑通り、ウスイロトラカミキリに初めて会いました。 この色合い、以前のせたオオオビハナノミと同じような配色です。なにか意味があるのでしょう。 今年初のウラナミアカシジミです。 キモントガリメイガでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハバチの幼虫?

何かついているな?最初はそんな感じでした。 ところが30分後、戻ってみると、なんと動いているではないですか! 芋虫だ! あわてて、前から見てみると、かわいいじゃないですか! 帰って調べてみると、アゲハモドキの幼虫か、ハバチの仲間の幼虫のようです。 顔が違うようで、この子は特徴からハバチの幼虫とみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵庫県中部の草原に今年も行ってきた。

一昨年は、8月。ホソカッコウムシ、ヤスマツトビナナフシ、ヨツスジハナカミキリ。昨年は、7月。ニイジマトラカミキリ、ウラギンヒョウモン、ウラミスジシジミ。で、今年は6月初めに行ってみました。 ここは、昆虫の出が遅いようで、まだまだ少ないようでしたが、結果的に今の時期のここらしい昆虫に会えました。 まず、ギンイチモンジセセ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

素晴らしい昆虫の楽園

やはりここは、素晴らしい場所です。 今年は良くないかと思いましたが、来年へまた命を繋ぐ場面に多く出逢い、ホッとしました。 出逢いの順で。今日は、言葉を入れるスペースがありません。 セイボウの仲間 ミドリカミキリ クロハナムグリ クモガタヒョウモン ベニカミキリ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新たな場所を探して

グーグルマップで、良さげな里山を見つけたのですが、少し乾燥しすぎてました。 兵庫県の南部は、里山が多いと言っても、こんな場所が多いです。 これは、ヒメアシナガコガネではなく、アシナガコガネの模様のあるタイプのようです。 なかなかかっこいいです。 ウンモンオオシロヒメシャクであってると思います。 綺麗ですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨコヤマトラカミキリなど

この時期、主に2ヵ所のフィールドを中心に昆虫を探します。 材が期待出来ない第一フィールドに対して、こちら第二フィールドは変わらず好調です。 まずは、初見のヨコヤマトラカミキリです。 シラホシカミキリは、今年も出てくれました。 リンゴカミキリでしょうか?普通種ですが、カミキリムシの形をしているだけで、私にと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いつものフィールドで昆虫

今年は材がないので、昆虫を探すのも大変です。 花の中の小さなツマキアオジョウカイモドキ この場所では、食草が少ないのか、あまり多くないダイミョウセセリ。後しに白い紋がはっきりしているのが、近畿以西の特徴らしい。 今年初のツマグロハナカミキリ。普通種ですが、嬉しいです。 今年も会えたと言えば、アサマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もセスジヒメハナカミキリ

去年、セスジヒメハナカミキリを見つけた場所で、今年は4匹もの、同種を見つけました。他の場所では見ていないので、この附近では少ないのかな?と思っていましたので、集団で見つけたのは、驚きでした。 センダイムシクイが附近で巣作り中なのか? 頭央線が、チャームポイント アトジロサビカミキリ、ワモンサビカミキリ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も兵庫県西部にて

兵庫県南部は、自然林率が高く、クマも少ないので、昆虫の季節になると、兵庫県東南部に行くことが多くなる。 しかし、兵庫県の昆虫を語る上で、避けて通れないのが、西の端である。 今年も昨年に続き岡山県境に近い場所を歩いてみた。 最初、なかなか昆虫に会えなかったが、最後に初のムネアカクロハナカミキリに会えて、今日、ここへ来て良かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は材が良くない

残念なことに2年間楽しませてもらった材が、今年は良くありません。 それでも別の場所に、木を切って集めた場所を見つけました。残念ながら、細いし、木の種類も限られるようです。 居たのは、エグリトラカミキリ、シラケトラカミキリ、タテスジゴマフカミキリ、アオバナガクチキ、アトジロサビカミキリ、クロナガタマムシなど。 トラフシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫の季節

1週間は昆虫の世界をガラリと変えていました。 そして、ここは少し歩けば、いくらでも昆虫が湧いてくるようです。 何物?と思いながら、ネットで探すと、マダラコシボソハナアブというのがそっくりです。 こちらは、シロオビナカボソタマムシと思います。 アトモンサビカミキリとアトジロサビカミキリかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメスギカミキリ

今年初のカミキリムシは、ヒメスギカミキリでした! やはり、カミキリムシは嬉しいです。 ツマキチョウは、たくさんいますがとまってくれません。 タンポポにモモブトカミキリモドキ。 普段なら撮りませんが、出始めなので。 最近、ツグミばかり撮ってます。 やはり最も目立つ冬鳥です。 最後に、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川町の野鳥

明けましておめでとうございます。 今日は、実家の近くを散歩してきました。 自然林が広がる素晴らしい環境ですが、冬鳥はここまではあまり来ません。 今年、最初はジョウビタキとルリビタキの縄張り争いでした。 ジョウビタキのほうが、一回り大きく強いようです。 ジョウビタキは目立ちますが、ルリビタキは、すぐに見失います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六甲の野鳥たち

このところ、大阪府、滋賀県、奈良県があまりよくなかったので、兵庫県に行ってみました。 六甲は、野鳥が多かったです。 まずは、今シーズン初のミヤマホオジロ。かなり沢山いました。 アキニレには、アトリが!集団でしたが、この子だけが愛想よしでした。 今年は、カラ類にも、注意が必要です。 わかりますかねー?…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more